冷え性を改善することから始まった妊活~私の妊活日記~

なかなか子供を授かることができずに悩んでいる妊活中の方に見てほしい!冷え性を改善して妊活しましょう!

どうする?妊活中の冷え対策!

妊活日記
妊活をするときには、体の冷えが大敵だと言われます。
本来子宮や卵巣といったところは、しっかりと温められている方が、血行がよくなるため栄養が行き渡りますし、細胞もしっかり代謝を繰り返すところです。受精卵も着床するときに暖かい子宮内の方が着床しやすいのですね。

しかし冷え性である場合、これがどのように変化するのでしょうか。
冷え性というと手足が冷たいということをイメージできますが、手足に流れている血液は、心臓内を通り全身を循環しています。そのため手足で冷え切った血液が体中を駆け巡り、体全体の冷えにつながるのですね。
つまり四肢の末端の冷えだけではなく、全身の冷えが問題になります。

全身が冷えてしまうとどのようになるのでしょうか。
まず血行が悪くなるため、体の機能の働きが落ちることがあります。私たちの身体の隅々まで血液が流れています。その血液には、栄養分や酸素というものが含まれており、それが随所に行き渡ることで、体の細胞が活性化し、きちんとした機能を果たすようになるのですね。
しかしながら血行が悪くなると、血液がうまく回らないことがあるので、必要なところに酸素や栄養が行き届かないということにもなりかねません。

子宮や卵巣といったところも、妊活中にはしっかりと温めて、栄養や酸素を送りたいところです。しかしながらそれが不足してしまうと、妊娠しづらい状況を作ることになるのです。
そこが妊活中の冷え対策は重要といわれる所以です。

妊活中だから特別なわけではありません。本来は妊活前から気を付けることが一番大切です。
手足を冷えないように着衣に注意する。薄着をしない、食生活に注意をして体を冷やす食べ物を避けるなど、ちょっとした日常生活の習慣を変えるだけで冷え対策が出来ることも少なくありません。
そのために、まずは自分の日常生活を振り返り、どんな冷え対策が出来るのか考えていきましょう。そして少し実践することによって、冷えを予防していくことができます。

妊活中は体を温める食事をしましょう

妊活日記~食事
妊活中は、なるべく体調管理に気を付けたいです。
その為には予め免疫力を高めることが必要ですが、季節によって体が冷たくなってしまうと同時に免疫力も下がってしまいます。
体を温めるには、厚手の衣類や重ね着が良いのではと思いがちですが、体の内側から温めるには普段からの食事に注目すべきです。
体温を温めたり発汗作用がある食材を利用して調理をし、温かいうちに食べることによって食べている時だけではなく、食べ終わってからもある程度体の温かさをキープすることができます。

体を温めることができる食材とは、ニンニクや生姜や唐辛子ですが、それ以外にもカボチャや大根やニンジンなどの根菜類や豆類なども含まれています。
意外と多くの食材に効果があることから、それらの食材と使って、炒め物や煮物や鍋料理など、好きなように調理し食べることもできます。
ただ料理することが苦手な人でしたら、多くの食材を使って複数のおかずづくりするのは面倒だし、余ってしまうこともあります。
その場合はざっくりと食材を切って鍋に入れて、トマト缶やコンソメを入れて味を調えることで、ポトフやミネストローネなどスープやシチューとして調理をすることもできます。
味がワンパターンになりそうでしたら、豚肉と一緒にお味噌で味を付れば、具だくさんの豚汁として美味しくいただけます。
多くの量を作ることで家族と一緒に食べられますし、残っていても次の日の朝に温めればそのままで食べることもできます。
飽きた場合には、ご飯やマカロニ、短く切ったパスタを入れることで、リゾットやスープパスタとしてもアレンジすることも可能です。

とくに冬は温かいスープや味噌汁を飲みたいと思うこと多く、野菜を多く使うことで体を温めるだけではなくお腹も満たすこともできます。
妊活中は1回の食事にできるだけ多くの食材を食べて栄養を保ちたいので、多くの食材を使いながらもスムーズに食べることができるスープや味噌汁は、この時期の食事に適しています。