冷え性を改善することから始まった妊活~私の妊活日記~

なかなか子供を授かることができずに悩んでいる妊活中の方に見てほしい!冷え性を改善して妊活しましょう!

妊活は冷えとりグッズで冷えない体に

妊活中の冷え予防・冷えとりグッズとして、レギンスやスパッツはかかせないでしょう。足を露出しないことにより、冷えを防ぐことができます。
夏であったり、暖かい気候の時であればレギンスやスパッツは不向きかもしれませんが、それでもお腹周りや腰を冷やさないように、お腹や腰をすっぽりと包み込むインナーを着用することは必要です。お腹や腰周りを冷やしてしまうと、冷え性になる可能性も高く、生理不順や不妊にもつながります。

また、レギンスやインナーは引き締め効果のあるものだと身も引き締まって良いですが、あまりにも引き締め力が強いと血流が悪くもなるので注意です。血の巡りの悪さも冷えの原因になるので、ほどほどに引き締まるものを選びましょう。
底冷えしてしまうような日はスパッツをはいて、さらにその上に大きめのレギンスをはけば下半身を温めることができます。温めることにより、リンパの流れが良くなります。
インナーも発熱素材のものを選べば、体全体の体温も上がるでしょう。基礎代謝が低い人は着るもので温めることも大事なのでオススメです。
着圧感、フィット感が良い、さらに素材が良いなどのポイントにも注目すれば、気持ちよく着ることができるものです。

そして妊活中の冷えとりグッズとして、入浴剤もおすすめです。バスタイムは体を芯から温めることができる良い機会ですから、入浴剤をつかってさらに効果を高めましょう。
普段運動をしていない人だと、汗をかく機会はなかなかないと思いますが、入浴というのはそんな運動をしていない人でも汗をかくことができる良い機会です。汗をたくさんかくことで代謝も良くなり、冷え改善にもなるでしょう。

また、妊活中は良く眠ることも大事です。体がしっかり温まれば、すぐに眠りにつくことができるでしょう。足先が冷えないように、体を温めるためにも湯たんぽを利用するのもおすすめです。火傷しないようにお湯を入れて、徐々に熱がなくなるものが安全のためにもおすすめですし、使いやすいでしょう。