冷え性という悩みは、女性にとっては特にとても多い悩みですね。
辛さを分かってもらえないこともありますが、冷え性を改善することは、女性特有の機能を元気にすることでもあります。妊活中の方必見!冷え性改善方法をご紹介しましょう。

体が冷える時は、半身浴などは有名ですが、さらにその湯舟の中で足の先からマッサージすると効果がとてもアップします。
やり方は簡単です。まず、心臓に遠い右足から足の5本の指の間に左手の指を入れて、広げるだけです。お風呂の中で温まりながらこれを行うと、足の指先が広がって血行がとてもよくなります。
左足も順番に行いましょう。
足の先には、汚れた血液がたまっていますから、それが流れて足が軽くなり冷え性の改善になるのです。

そして、お風呂からでたら、冷え性の方の場合はすぐに冷めてしまって、また特に足先が冷えて眠りづらくなってしまいますね。
そんな時は、青竹ふみや、足踏み簡単体操です。
青竹ふみは100円ショップでも売っていますので、簡単に手に入ります。
ない場合は、椅子につかまって交互にゆっくり足のふくらはぎを伸ばしてから、両足でつま先立ちと元に戻す運動を交互に行いましょう。そして、足をまた交互に、膝が直角になるように持ち上げます。合計で10分程度、ゆっくりで大丈夫です。
青竹ふみの場合は、痛いようでしたら、タオルなどを上に敷いて行うようにしましょう。
ただし、生理中や、妊娠の可能性がある場合は、青竹ふみは避けるようにして、床の上で足踏み体操だけにしてください。
あまり張り切らずにテレビを見ながらで大丈夫です。毎日行うようにすると、楽な運動ですし、気持ちもよいです。
こうして、足の血行を良くすると、全身の血行も良くなり、体が冷めづらくもなります。
また足を温めると、子宮が柔らかくなり卵巣の動きもよくなると言います。妊活中の方は体の内側から元気に冷え性を改善して、女性の機能を高めていきましょう。
青竹ふみ